シンガポールの会社へUSドルでの支払い

シンガポールの会社へUSドルで支払う機会がありました。

JCBカードで払おうとしたら「JPY→SGD→USD となるのでレートによっては金額が高めになります」と。
「VISAかMasterなら直接のレート」と言うことで、どちらが得か分からないので、今回はMasterCardで
支払うことにしましたが・・・??気になったので、どれくらい違うのかちょっと計算してみました。

625.40USD → 766.37SGD(1.2254SGD/USD) → 55,988.86JPY(73.070JPY/SGD)
625.40USD → 55,998.32JPY(89.540JPY/USD)
少しだけ(9.46JPY)直接の方が安い。
※1


航空マイル
を貯めているので、できればJCBで払いたいけど・・・
・JCBカード     55,988.32JPY → 560マイル(0.01マイル/円)
・Master/VISA 55,988.32JPY → 280マイル(0.005マイル/円)
※私が保有しているカードの換算率ですのでご注意下さい


回数分の交換手数料(JCBカード 1.6%、MasterCard 1.63%、AMEX 2%)が加算される
のであれば、直接の方が安いよねぇ。ちなみにUSDでの手数料を計算してみた。
・JCBカード     625.40USD(88.6JPY * 0.0160) = 886.57JPY
・Master/VISA 625.40USD(88.6JPY * 0.0163) = 903.19JPY
・AMEXカード   625.40USD(88.6JPY * 0.0200) = 1,108.21JPY
※JCBカードの1/16の基準レートで計算しています
(追記)
JCBに問い合わせてみました。「先方の会社からの請求は1回なので、カード会社に
かかる交換手数料は1回だけ」との事。先方の会社が、JPY→SGDをいくらのレートに
しているかで金額が変わってくるようです。レートは先方に聞いてみなければ・・・


う~む・・・?




(補足)
※1:
2013/1/16付け「日本経済新聞の外国為替クロスレート」の金額にて計算しています。
この金額の算出方法は「三菱東京UFJ銀行対顧客電信売り相場から日本経済新聞デジタルメディアNEEDS算出、銀行店頭での交換手数料は含まず」だそうです。
スポンサーサイト